最近よく耳にする『名古屋めし』。どんな種類の食べ物がある?

ようこそゲストさん

最新の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
タグ
掲載店舗 キャンペーン クーポン
181 36 28

RSS

  1. リフナビ名古屋
  2. リフナビ名古屋コラム
  3. グルメ情報
  4. 最近よく耳にする『名古屋めし』。どんな種類の食べ物がある?

最近よく耳にする『名古屋めし』。どんな種類の食べ物がある?

更新日: 2021-01-22グルメ情報
最近よく耳にする『名古屋めし』。どんな種類の食べ物がある?

現在、日本国内でも有数の観光地として有名なのが『名古屋』です。名古屋には、名古屋城や熱田神宮といった歴史的な名所だけでなく、名古屋市科学館や名古屋港水族館など、大人から子供まで楽しめる観光名所が多数存在するため、多くの方が旅行で訪れます。

さらに近年では、中京圏の伝統食が『名古屋めし』として全国的な人気を博すようになり、グルメを堪能する目的で名古屋を訪れるという方も増えていると言われています。

そこでこの記事では、名古屋に行った際は、ぜひ食べてみたい代表的な名古屋めしをいくつかご紹介していきます。

そもそも『名古屋めし』の由来は?

『名古屋めし』は、主の他府県に住んでいる方が、中京圏の伝統食を中心としたグルメを指す総称として使われる名称ですが、どうやら名古屋に住んでいる方からすれば、違和感のようなものがあるようですね。実際に、名古屋の人間同士で会食をする際には、「今日は名古屋めし系を食べるか!」なんていう会話はないと言います。また、関西の郷土料理である、たこ焼きやお好み焼きの総称で『大阪めし・関西めし』なんて呼び方はしません、東京の郷土料理にしても『東京めし』などという呼び方は、聞いたことがないですね。

それでは、なぜ中京圏の食文化だけが、『名古屋めし』などという総称で呼ばれているのでしょうか?

“ゼットンが東京へ進出し名古屋の地元料理を提供しはじめた2001年頃、グルメ情報誌の記者がイタリア料理のイタめしをまねてなごめしという呼称でゼットンの料理を紹介しようとした。これに対しゼットンの代表取締役社長をしていた稲本健一がもっとストレートに名古屋めしと呼ぶことを提案し、採用されたのが「名古屋めし」という言葉の始まりである。
ゼットンに続いて矢場とんや世界の山ちゃんなどの名古屋の企業が東京へ進出して名古屋名物を提供し始めた際にも使われ、名古屋めしという表現は東京を中心に広まっていった。地元の名古屋で使われるようになったのはその後である。
名古屋から関東への出店が相次いだこと、2005年の愛・地球博の開幕や好景気で名古屋に活気が出てきたことなどが、総称の「名古屋めし」が全国的に知られるようになった原因である。”
ー引用ー
(「名古屋めし」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2020年7月25日 (土) 12:12 UTC)

上記のように、実は『名古屋めし』という総称は、名古屋の飲食店が関東に進出する際、「名古屋の地元料理」ということを分かりやすくするために自称したのが始まりだそうです。
今では当たり前のように使われるようになった言葉ですが、初めて使われたのも2001年と、意外と新しい言葉のようです。

代表的な『名古屋めし』をご紹介!

それでは、名古屋観光に行くのであれば「これは食べておきたい!」と言える、代表的な名古屋めしをいくつかご紹介しておきます。

1品で3度楽しめる『ひつまぶし』

まずは、名古屋めしの代表格である『ひつまぶし』です。ひつまぶしは、明治時代後期に名古屋の料亭で提供されるようになったのが発祥とされています。
うなぎのかば焼きを短冊状に刻んで、ご飯とともに『おひつ』に盛って提供する料理です。そして、自分で茶碗によそって食べるのですが、1杯目はそのまま、2杯目は薬味を使って、3杯目は出汁orお茶をかけて楽しむなど、1品で3つの味を楽しめる『名古屋めし』です。

  • ひつまぶしの名店『あつた蓬莱軒 神宮店』
  • 住所:愛知県名古屋市熱田区神宮2-10-26
  • アクセス:地下鉄名城線「伝馬町」下車 徒歩3分
  • 公式サイトはコチラ

お土産としても人気の『味噌煮込みうどん』

現在のような、太くて固い麺を土鍋で煮るスタイルは、大正時代に開発されたと言われています。
味噌煮込みうどんは、土鍋に麺を直接入れて煮込みますので、普通のうどんではなく真水で打った煮込み専用の麺を使います。したがって、一般的なもちもちとしたコシのあるうどんとは異なり、独特な噛み応えが醍醐味の料理です。名古屋観光の際には、お土産としても非常に人気です。

  • 味噌煮込みうどんの名店『山本屋本店』
  • 住所:愛知県名古屋市中村区太閤通6-5(他にも店舗あり)
  • 公式サイトはコチラ

名古屋ではソースではなく味噌!『味噌カツ』

戦後の名古屋の屋台で、客がどて煮の鍋に串カツをつけて食べたのが始まりと言われています。
味噌カツは、トンカツに豆味噌ベースのタレをかけた名古屋の県民食です。ちなみに、串カツも含むそうです。トンカツにかける味噌ダレは、そのままの味噌を使うわけではなく、他の調味料と調合するので、お店ごとに個性が生かされた味がします。なお、味噌ダレはトンカツの上からかけるタイプと、タレを張った鍋にトンカツを浸して提供するタイプに大別されます。

  • 味噌カツの名店『とんかつ マ メゾン 東桜店』
  • 住所:愛知県名古屋市東区東桜2-17-11
  • 公式サイトはコチラ

手軽に食べられる『天むす』

テレビやラジオなど、芸能人の方の差し入れとして喜ばれることで有名になったのが『天むす』です。現在では『名古屋めし』の一つに挙げられていますが、もともとは三重県の天ぷら専門店がまかないとして出していたものが発祥だと言われています。
『天むす』は、小エビの天ぷらを具としたおむすびで、通常のおむすびの半分程度のサイズですので、小腹が空いたときなどでもおやつ感覚で食べられるものだそうです。

拠点が栄エリアなら夜も思う存分楽しめる!

ここまでは、近年、全国的な人気を誇る代表的な『名古屋めし』についてご紹介しました。名古屋めしは、すでにご紹介した以外にも、手羽先やきしめん、あんかけスパや味噌おでんなど、他にもさまざまな料理が存在します。そして、名古屋めしの特徴は、他の地域とは異なる味付けになっていることで、人それぞれ好みはあるものの、癖になるおいしさなので、ぜひひととおり食べてみてほしいと思います。

ちなみに、名古屋めしの食べ歩きを目的として名古屋観光に来た場合、いろいろな場所に訪れることになるはずなので、なかなか体力を消費します。食べ歩きの合間に名所巡りなどもするとなると、結構な距離を歩きます。長時間お店の前で待たなければならない…なんてことも珍しくないので、足腰の負担は想像以上に大きなものと思っておきましょう。

そこでオススメなのが、観光を楽しんだその日の最後に、マッサージ店などを利用し、疲れを軽減しておくというサイクルです。例えば、名古屋駅周辺には、名古屋めしの名店や観光名所も多いのですが、深夜まで営業しているメンズリラクゼーションサロンなどもあります。そのため、観光を楽しんでホテルに帰る前に、マッサージを受けて疲れを癒やすことができ、次の日も万全な体調で観光を楽しめるはずです。名古屋観光を検討した際には、こういった視点で観光の予定を決めるのも良いと思います。

名古屋駅周辺のマッサージ店はコチラ

まとめ

今回は、近年、全国的な人気を誇る『名古屋めし』についてご紹介してきました。

この記事でもご紹介したように、中京圏の伝統食を中心としたグルメが『名古屋めし』などと呼ばれるようになっており、他の地域では考えられない独特な味付けが楽しめる食べ物として人気を博しています。もちろん、中には「自分の口には合わない…」なんてものもあるかもしれませんが、名古屋でしか食べられないものも多いので、ぜひ一度は『名古屋めし巡り』を楽しんでみてはいかがでしょうか?

また、名古屋観光は、見どころが多いので「数日間にわたって名古屋観光を計画している」という方は、合間に疲れを癒やせるマッサージなどを組み込んでおくのがオススメですよ。

筆者: コラム担当 御厨

  1. リフナビ名古屋
  2. リフナビ名古屋コラム
  3. グルメ情報
  4. 最近よく耳にする『名古屋めし』。どんな種類の食べ物がある?